1.Chivalry

Publish71における、Chivalryの変更点をまとめます。
Chivalryスキルとカルマを入力すると、Publish70と71での効果を比較することができます。
Chivalryスキル :  スキルの範囲は0~120です。
カルマ :  -20000以下は-20000、20000以上は20000として計算されます。

(1)Enemy of One


使用中、もう一度詠唱することにより、魔法の効果を解除することができるようになりました。
対モンスターだけでなく対プレイヤーにもダメージボーナスが適用されるようになりました。
対プレイヤーにおけるダメージボーナスは、乗算ではなく加算(STRやTacticsのような補正)で機能しているようです(不具合かどうかは不明)。
  Publish70 Publish71
有効時間 sec sec
ダメージボーナス(PvM)
ダメージボーナス(PvP) なし

(2)Consecrate Weapon


弱点属性に対する攻撃成功確率がスキルに依存するようになりました。
高い騎士スキルでは、ダメージボーナス(乗算)も発生します。
  Publish70 Publish71
有効時間 sec sec
弱点属性攻撃確率
ダメージボーナス

(3)Divine Fury


武器ダメージなどの効果がスキルおよびカルマに依存するようになりました。
スタミナは全回復ではなく、一定量の回復となります。
  Publish70 Publish71
有効時間 sec sec
武器ダメージ
命中
速度
回避
スタミナ回復量 全快

(4)Cleanse by Fire

  Publish70 Publish71
解毒時ダメージ

2.包帯による回復

(1)回復に要する時間の変更

DEX 自分の回復 他人の回復
140~ 4 sec 1 sec
120~139 5 sec 2 sec
100~119 6 sec 2 sec
80~99 7 sec 2 sec
~79 8 sec 3 sec

(2)包帯解毒のチェック回数追加


自分の包帯で毒を回復しているとき、要する時間の半分を経過した段階で、 解毒できたかどうかのチェックが行われます。
解毒に成功したとき、2回目のチェックでHPも回復しますが、回復量は、解毒した毒のレベルおよびDEXに応じて一定の割合で減少します。
解毒に成功しなかった場合、2回目のチェックで再び解毒のチェックが行われます(従来の仕様と同じ)

中間チェックでの解毒確率

(anatomy + healing - 120) * 25 / (20 * 毒レベル)

解毒成功後のHP回復量

(通常回復量)×(1 - 0.25 - 0.01 * (150 - DEX) / 5)^(毒レベル - 1)

(3)ダメージによるスリップの変更


包帯での回復中に下記以上のダメージを受けると、"指が滑った"と表示され、回復量が低下します。
対人 : 14+(DEX-20)/20 DEXにより14~21
対モンスター : 21+(DEX-20)/20 DEXにより21~28

スリップ後のHP回復量

(通常回復量)×(1 - 0.25 - 0.01 * (150 - DEX) / 5)^(スリップ回数)

3.解毒ポーションの効果

解毒ポーションによる解毒確率が変更になりました。
Test Centerでは、解毒確率はおおよそ下表のようになっていました(Potion強化0%、Alchemy=0)。
Potion強化がある場合、解毒確率は下表の確率に対して○%だけ増加します。
ポーションの強さ Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
lesser cure potion
[解毒 - 弱]
100% 25% 7% 5% 5%
cure potion
[解毒]
100% 70% 30% 15% 10%
greater cure potion
[解毒 - 強]
100% 100% 55% 30% 20%