改良(Re-Forging)

概要

Runic toolを使ってマジックを付与出来るシステムです。
通常のRunic toolを使った作成とは違い、練成で付与できるプロパティ上限を越えたものが作成できます。
主なものとして属性100%武器(ネオン武器)、マナリーチ限界突破武器(マナリーチ100など)、幸運装備など。

必要ごと

① Soul forge ソウルフォージ
  • ソウルフォージの近く(2マス以内)で作業を行う必要があります。
  • ソウルフォージの種類(ソウルフォージのボーナス)は適用されません。
② Imbuing[練成]スキルが65.0(改良全オプション使用時は115.0)以上
  • 選択したオプションにより必要スキル値が変化します。「必要スキル」項目参照。
  • Imbuingスキル
③ Runic tool ルニックツール
  
  • 改良したい装備品を作成できるルニックツールが必要です。
    • 例:ブロードソード(鍛冶作成品)を改良するには各種のrunic hammerで改良。
    • 細工スキルで作成する武器など一部のものは作成Runic toolとは別な種類で行う必要があります。
      • 改良Runic tool種別例外表参照
  • 同種のRunic toolのチャージを合算できます。
    • ソウルフォージの近くで片方のRunic toolをダブルクリックし、もう片方のRunic toolをクリックしてください。
  • 合計チャージが100を超えることは出来ません。
  • インゴットや木材のような素材は使用しません。
④ 改良したい装備品
  
  • 素材効果およびマジック効果が付加されていないもの
    • 高品質武器の「武器ダメージ」、和鎧の一部に付加される「瞑想可」、高品質防具の属性抵抗値加算はマジック効果とみなされません。
  • NPC品でも可能
    • ただし、装備品の不安定度上限はそのまま適用されるので、改良後の練成するプロパティを考慮する必要があります。
  • プレイヤーの作成する鱗鎧は、素材効果も付加されますが、改良することができます。

工程

① ソウルフォージの近く(2マス以内)で行う。
② Runic toolをダブルクリック
  • バックパック第一階層にある必要があります。
  • メニューは表示されません。
③ 対象のアイテムをターゲット
  • 対象のアイテムはバックパックの第一階層にある必要があります。
④ 生産オプション(下画像)が表示されるので、必要なオプションをチェックし、「改良する」のボタンを押す。
  • チェックしたオプションの種類に応じて、必要チャージが変化する。
⑥ 使用したRunic toolおよび設定したオプションを反映した装備品に改良される。

ルニック生産オプションの説明


  • オプションは、プロパティの強度を上げたり付加するプロパティをある程度特定したいときに選択します。
    • オプション内のヘルプからも内容を確認することができます。
  • 何もオプションを選ばない場合、従来のルニックツールと似て、ランダムな魔法特性が選ばれて付与されます。
  • 付加されるプロパティや強度の情報一覧は別ページにまとめる予定です。
  • 作成頻度の高い改良 ワード等まとめ

プロパティ 効果 備考
パワフル製造 マジックプロパティの強度を高める。 マイナス効果なしで出来る。
補強不可化 マジックプロパティの強度を高める。 パワフル製造よりも強度の上昇量は大きいが、補強不可(耐久値=35)が付加される。
良耐久性化 耐久値+10の効果 "補強不可化"チェック時のみ選択可能。
修理不可化 マジックプロパティの強度を高める。 補強不可化よりも強度の上昇量は大きいが、修理不可(耐久値=150)が付加される。
高耐久性化 耐久値+50の効果 "修理不可化"チェック時のみ選択可能。
1ワード保証 装備品に1つのプロパティワードおよび関連するプロパティが付加される。
さらに、ランダムにプロパティが付加される。
ワード種選択 プロパティワードを選択できるようになり、それが確実に付加されるようになる。 "1ワード保証"チェック時のみ選択可能。
使用するRunic toolによっては、選択できないワードもある。
両ワード保証(2ワード保証) 装備品に2つのプロパティワードおよび関連するプロパティが付加される。 "1ワード保証"チェック時のみ選択可能。
1ワード選択 プロパティワードを選択できるようになり、それが確実に付加されるようになる。 "両ワード保証"チェック時のみ選択可能。
  • 補強不可化と修理不可化を両方適用したとき、耐久値は75となる。
  • オプションを1つ適用するごとに、改良に必要なチャージ数が1増加します。
  • 全てのオプションをチェックすると、1回の改良で10チャージ消費します。
  • 選択したプロパティワードが第1ワードか第2ワードになるかは決まっていません。

必要スキル

オプションを選択するためには、一定以上のImbuing[練成]スキルが必要です。
必要スキルの基本値は下記のとおりで、複数選択するときは、それらの最大値を適用します。
オプション 必要スキル値
パワフル製造 66
補強不可化 71
良耐久性化 76
修理不可化 81
高耐久性化 86
1ワード保証 91
ワード種選択 96
両ワード保証 101
1ワード選択 106

さらに、選択したオプションの数を必要スキルの基本値に加算します。

   例)
   パワフル製造 : 67(=66+1)
   パワフル製造、1ワード保証、ワード種選択 : 99(=96+3)
   全オプション選択 : 115(=106+9)

その他の仕様

改良したアイテムを強化することは可能です。
  • 特殊素材による強化と合わせて性能を上げることが出来ます。
改良・強化後も補強の粉末を使うことは可能です。

改良したアイテムを練成することは可能です。
  • ただし、改良で付加されたプロパティの数および強度によっては、練成できない場合もあります。
裁縫で作成できる帽子類は改良することができます。
  • 大工で作成できるGnarled staff[自然木の杖]を、改良することはできません。:改良できるようになりました。
ダブル改良は出来なくなりました。

武器ダメージ無し改良武器の作成

  • 両手武器は強度上限が高い(HQ品600%)ので、目標の最終的な強度(改良・錬成後)を計算して550%以下であれば
    NPC売りのNQ品の武器ダメージ無しを購入してベースにすると手軽。なまくらの砥石を使う必要がない。

改良Runic tool種別 例外表

  • 鍛冶Runic tool使用装備
   hatchet [手斧] 細工
   smith's hammer [鍛冶ハンマー] 細工
   sledge hammer [スレッジハンマー] 細工
   pickaxe [ツルハシ] 細工
   pitchfork [くまで] 細工
   butcher knife [肉切り包丁] 細工
   cleaver [包丁, クリーバー] 細工
   skinning knife [皮はぎナイフ] 細工
   gargish necklace [ガーゴイルネックレス] 細工
   gargish earring [ガーゴイルイヤリング] 細工
   gargish amulet [ガーゴイルアミュレット] 鍛冶
  • 大工Runic tool使用装備
   nunchakut [ヌンチャク] 細工
  • 石工Runic tool使用装備
   gargish stone amulet [ガーゴイルストーンアミュレット] 石工

コメント

名前: