※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

杜の狸さん 『設定資料 「よろずや」』




あらすじ


設定

○登場人物
  • 万屋(30歳前後?)
見た目は二十代くらいの男。万屋、旦那、先生など呼び方は人それぞれ。天照巣町に来る前の記憶が無い。
町の何でも屋、便利屋である「よろずや」をしながら、天照巣町の秘密、さらには自分の過去を探している。
現在の事務所に移る前は町の東側で生活していた。

  • 清水京加(自称17歳)
湖の畔で倒れているところを万屋に助けられた女。それ以来、万屋と行動を共にする。
発見されたときどこかの学校の制服を着ていたのでおそらく高校生。


○「よろずや」に関する個別設定
  • 表サイドが舞台
  • 「よろずや」は何でも屋、便利屋である
  • 万屋、清水京加は外部から天照巣町にやってきた

○世界観の共有設定
  • 別の世界から時空を超えて人間が現れることがある
  • その者は町に来る前の記憶が無い場合が多い
  • そのような者たちは町内に複数存在する

○天照巣町に関する設定
  • 大きさ92.16km^2
  • 北西に眺望の丘がある
  • 北西に星宿の湖がある