このモードは、シナリオを3つ以上クリアすることで開放される。

マップ生成

開始年

ゲーム開始時の年代を設定する。おおよそ1955年から2015年まで設定可能の模様。

標高基準

「%」で表される。値が低い程地下の層が深くなるが山が低くなり、値が高い程高い山が作れるようになるが地下の層が減る模様。

平地割合

「%」で表される。値が高い程自動生成時の平地の面積が大きくなる模様。

森林・田畑・住宅

平地の中にどれだけの各配置物が置かれているかを「%」で表される模様。

地下資源

地下資源の埋蔵量を設定する。

保有資材

はじめに設置する資材の量を設定する。

マップ編集

注意点

  • マップ生成時に選んだ開始年は、マップ編集モード移行後は変更できない。「シナリオ登録」時の月日が4月2日以降の場合は、ゲームの開始年が次の年の4月1日となる。年を進めることはできても、さかのぼることができないので、特定の日時に会話シーンを入れようと思っている場合は要注意。
  • 開始直後は保有している列車・バスのの設計図が一つもなく、すぐにダイヤを組んだりできない。他のシナリオで予め開発しておき、プランの技術供与を利用するのが良い。
  • ゲームモードと同様に、最初は地下鉄道・地下道路を敷設できない。プランでの開放が必要。

準備中