懐古厨

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

懐古厨(かいこちゅう)とは

昔はよかった、という特に根拠のない基準で物事を評価する人物のこと。
まれに事実を含んでいる場合もあるが、多くの場合は単に
美化された思い出に基づいた感情論でありまったく客観的でない。

○○シリーズは○作目まで、などと無意味な区切りを設けたがるのが特徴であり
個々の作品内容は実際にはまったく見ていない事がよく現れている。
また自分がたまたま最初に触れた作品を神格化しているため
それ以前の作品は貧相、未成熟などダブルスタンダードを爆裂させて否定するなど
主張にまったく一貫性がない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。