※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「江ノ島君!まだ寝ていたのか?僕がお越しに来なければ、何時に起きるつもりだったんだ?」
「…べっつにアタシが何時に起きようと関係なくない?」
「関係あるとも!僕たちは同じ境遇にある仲間なのだ、ならば分かち合い分かり合い、絆を作るべきではないか?」
「アンタがしてんのは強・要!アタシがしたい、って思わない事させて楽しいの?それで何が分かり合うよ、アタシの事何も分かってねぇじゃん!」
「…ふむ…悔しいが、君の言う事にも一理あるようだな…」
「でしょ?」
「……なら、君がしたい、と思う事は一体何なんだ?」
「………う」
「ん?」

「……あの子を、みんなを…絶望させる…それだけ」

「え、江ノ島君?一体君は何を…」
「うっせーよ!アタシは、アタシは…!」
「…江ノ島くッ…!?」
「石丸!アンタみたいなタイプ、アタシはだいっ嫌い!だから…!辱めてやる…!」
「なっ…!?ぼ、僕の服を脱がせて、一体何をする気なんだ!」
「あの監視カメラに見せつけてやんの!アンタの恥ずかしい姿!」
「江ノ島君…!?」
「そしたらもう、さっきみたいな大口はアタシには叩けないでしょ?!アンタの信念は、快楽に負けるの!」
「き、君は…まるで昨日の江ノ島君とは別人じゃないか…!江ノ島君、目を覚ましてくれ…!」
「うるさい!アタシは…私は!っつーか、こんな状況でアソコおっ立てるとか、アンタバカぁ?Mなの?どMなの?」
「くっ、僕は、僕はこんな事をしたくてしているわけでは…」
|