※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そうそう、スルーするのが一番だぜ」
「スルー…ですか?」
「そう。舞園ちゃんも、俺以外の男はぜーんぶスルーしてくれて構わないよぉー?」
「いえ、桑田君をスルーさせてもらいます」
「……オイ!なんでそーなんだよ!クソッ、かわいいからって…舞園!」
「きゃっ、な、何するんですか、桑田君!」
「苗木はいいよな、こんなかわいいアイドルと毎日ヤってんだろ?」
「ち、がっ、苗木君はそんな人じゃ…あ…」
「監視カメラも気にせずラブラブですかそうですかー………」
「やっ…あ…くわた…くん…」
「…あ?…おい、舞園っ…ちょっと触っただけで、もう下着ぐちょぐちょじゃねーか!」
「やめ…て…くだ……」
「どんだけ淫乱なんだよ、アホ!」
「いや、なのに…ぃ、いっつも、してきた…から…」
「アイドルになるために何でもしてきた、ってヤツか?気持ちと体がバラバラだぞ、舞園」
「ひ、あ…っ、や、首筋舐めないで…」
「こうやってよ!胸揉まれたら!イヤでも濡れるんだろ!?」
「ぁ、…んっ!……ん、んぅ…!」
「泣くなって、さやかちゃんはぁー、こう言うの好きなんでしょー?」
「んふ、んんぅ…!」
「声我慢したって無駄だぞ?ここがコリコリしてっからなぁ!」
「んぐぅ!んっ、んん!んっ!んー!!」
|