※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝。頭上でゆるゆると渦巻く、心地好い微睡。ここに来てからというもの、それに素直に身を預けることができないでいる。
枕がいつもと違うとか、朝日の温もりが無いとか、それも要因の一つかもしれない。
けど一番は、いつクラスメイトに殺されても不思議でない、という異常極まりない環境からだろう。
自室で鍵さえ掛けていれば大丈夫なのだろうけど、やはり精神的な重圧というものは大きいみたいだ。

唐突に、ノックの音がする。石丸君だろうか。
しかし…今回のは、何と言うか、普段以上に遠慮の無い感じだ。ずっとどんどんやっている。

「…だ、誰?」

何とか絞り出した、我ながらか細い声すら容易に掻き消すノックの音。それに混じって、少し耳障りな、甲高い声が鼓膜を突く。

「おいこらー!朝、朝、朝ー!早く起きやがれなさい!…それとも、シーツにおねしょで地図描いちゃってたり?ごっめんねー、皆にはそう言っとくから!」
「ちょ、ちょっと待ってよ!!」

焦って扉を押し開けた先には――江ノ島さん、が立っていた。

「あ、出てきた。ねーねー、朝。早起きは3モノクマメダルの得なんだってさー。寝てた方がマシって?うぷぷぷぷ。」

やっぱり、江ノ島さんだ。けど…なんだろう、不思議な違和感がある。
彼女は、確かに雑誌に載ってた通りの江ノ島さんだ。けど、初日に会った江ノ島さんじゃ、ない…?
そんなボクの混乱を楽しむように、彼女はただただ笑うばかり。それも、弛んでいるのは口許だけで、瞳から光は消え失せている。

「ふーん、気になる?私様の胸が一夜でぼいーんになってるのが。いくら育ち盛りの高校生でもこの成長はヤバいよーって?」
「そ、そうじゃなくて…」
「ほら、本物でしょ?」

不意に、抱きしめられた。
柔らかくて豊満な胸の谷間に、顔が沈む。女の子特有の甘ったるい香りが、頭の中を麻痺させる。

ふと気付くと、ボクは床に押し倒されていて――後ろ手に扉を閉め、鍵を掛ける江ノ島さんの姿を呆然と見上げていた。

「江ノ島、さん…?」
「童貞丸出しの苗木君のーっ、ふ・で・お・ろ・し!はっじめるよー!!」

頭が、くらくらする。筆おろしって、まさか…。
間髪入れずにボクの股の間で腰を屈めた彼女は、慣れた手つきでズボンのチャックを下げ、既に熱を帯び始めているそれに手を伸ばす。

「ふーん、意外。皮被りの包茎クンかと思ったのに。」

生温い吐息を吹き掛けながら不満げに呟くと、控えめに玉袋を舐め始めた。
禁欲生活のせいだろうか、限界まで膨れ上がったそれは、これでもかという程に赤く熟れ、今にもはち切れんばかりだ。
そして絶頂―――には至らず、彼女は途中で手を止めてしまった。

「え…?」
「え、なに?私様の口の中で精子フィニーッシュ!!できると本気で思ったの?アンタみたいな残念童貞には、これで十分だし。」

ふと立ち上がった江ノ島さんは、一度大きく足を上げると、ブーツのつま先で器用に、そして執拗に、反り立ったそれを踏む。踏む。踏む。
本当に潰れてしまうのではないかと危惧する間もなく、どろどろとした白濁液が黒のブーツを白く染める。

えも言えぬ快感に歯軋りするボクを見下げるその目には、もう何も映ってはいなかった。
だらしなく涎を垂らし、恍惚と身体を震わせ、悦に浸りきっている。

「あー、ヤバい…これだけで逝っちゃいそう…。…ね、ね、ね。挿れるよ?挿れるけどいい?答えとか聞いてないけど大丈夫?」

スカートの下にちらりと覗く真っ赤な下着を膝までおろし、徐々に腰を屈めていく。
濡れに濡れた割れ目が一物の先に触れると、淫靡な水音が鼓膜を悪戯に擽る。

「いっただっきまーす。」
じゅぶじゅぶじゅぶぶ―――熟れ切った一物は、間の抜けた音をたてて、彼女の割れ目に飲み込まれてしまった。

「はい、卒業オメデトウございマース!!…今のお気持ちをどうぞって?興味ナッシングだし聞かないんだけどね!うぷぷぷぷぷぷぷぷぷ。」

江ノ島さんが身体を上下させる度に、これまでとは比べ物にもならないような快感が、頭のてっぺんに向けて突き上がる。
そして、腰は振り続けたまま、ボクの身体の上に覆いかぶさるなり、さも当然かのように、彼女は唇を重ねた。

まるで別の生き物のように、口内を犯す舌先。呼吸すらままならない。

「あんっ、…っぷはっ!!…え、なになに?もしかしてキスも初めて?なわけないよねー、女コナン君とラッブラブドッキューンだったもんね!」
「…女、コナン…?」
「あー…ミスミスミス、今のナシ。なんでもないないなんでもなーい。」


少し、胸の奥が痛んだ気がした。


そんな不思議な罪悪感も、圧倒的な快楽の前ではあまり薄っぺらだった。

「ほらっ、ほらぁ…――あっ、出そう?童貞の上に早漏苗木君はもう出そうなんでしょ?」

「―――…なに、やってるの。」

ふと視線を起こした先には―――扉を開いた霧切さんが、呆然と立ち尽くしていた。
|