※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韓 大韓


+ 目次

キャラ概要

隙の少ない各種技を盾に、少し強引な攻めを展開できる。
反面、崩しに少し欠けるので、その点を如何にカバーできるかが問題となる。
守り気味に攻める、というちょっと変わったキャラクター。

ファイトスタイル

このゲームでほぼ唯一の「ノーマルヒットで有利」のジャブがある故に、接近戦がとても強い。
下段は殆どないが、この各種上段を嫌がってしゃがむ相手を刈り取る豊富な中段も魅力的。
逃げ、攻め、守り、なんでもござれのミサイルと組み合わせて、相手に読まれない独特の攻めを展開していこう。

主力技

牽制

ーしゃがみ、上(トゥーアックス)
しゃがみ待ちから出せる中段、足を大きく振り上げるため判定が非常に強く、発生も11と非常に早い。
しゃがみ待ちを崩そうと中段を振ってくる相手には、先にこの技で牽制をしておこう。
ただし、この技の後は立ち状態となっている。立て続けにこの技を出そうとすると
  • しゃがみ、上(立ち状態になる)
    • しゃがみだと思ってGを押したまま上を押す
      • 立ち状態のG押しっぱなし上(ライトスケアクロウ)が出る。
と、連続で出すには少し難しくなっている。
強力な反面、擦りすぎると変に不利を背負うので気をつけよう。

基本的に牽制として使えるのはこの技くらいである。

差し込み

  • 走り、上、上、上(ハンティングトマホーク)
スカしの差し込みにとりあえず撃つ感じ。
初段と三段目がインタラプト不可、しかも三段目はガードさせて-8と脅威の数値を誇っているので、振った以上は出し切っていくこと。
ヒットガード問わず状況が良い技だが、スカされると痛いので、この技を振るときは必ず「当てる」こと。

  • 立ち上がり、上(ターンランスキック)
しゃがみからスカ確差し込みにはこっち。
思っているより前に出るので、当てやすい。
当てればおいしい空中コンボの時間なので、上記のトゥーアックスと絡めて下段警戒しゃがみ待ちを多めにしていこう。
ちなみに、この技はダウン回避やその場起き上がり読みとして起き攻めに使っても非常に機能しやすい。

  • 下+必orしゃがみ下or歩き下(リングキック)
発生も遅く、当てたところでどうと言うわけではない。
が、他キャラの水面蹴りと同じように、姿勢の低さを生かすことは出来る。

近距離戦

  • 上(キリングジャブ)
なんといってもまずはコレ。ノーマルヒットで有利を取ることが出来る。
ノーマルヒットであれば一回転投げが、カウンターであれば上、上がつながるので、覚えておこう。
この技を軸に、韓は近距離の攻めを組み立てていく事になる。
単発、二発止め、三発出しからのジャスト、どれも強力なのでしっかり使い分けていこう。

  • G+上(イーグルヒール)
とりあえずの中段、しゃがんでジャブをスカそうとする相手に使う。
ガードされても問題ないが、発生は遅めなので注意。

  • 下、下、J下、上 or 下(インジャリー or ダイイングフレイル)
下段択その1、下×3からの中下択。
ダウンしないことを生かして強引に攻めていきたい。

  • G+下、下、J上(コンボブラッドハウンド)
下段択その2、特殊構えに移行できる。
ジャストが少々難しいが、出来ると強力なので是非覚えておこう。

  • レバー90°回転、上(ターンヒール)
暴れ読みに使う、ガード後の状況はそこまで悪くないので、そこそこ信頼出来る選択肢である。

  • 下+上(スワローハンティング)
空中判定となるので、投げ読みの時に使う。
レバーを後ろに倒しながら撃てば、逃げつつ使うことも出来るので、ガードされたときにごまかしやすい。
反面、折角の近距離戦を逃してしまうことになる。

  • モーションチェンジ中、上(クロウピーク)
構え中の中段択。
単発止め、三発止め、五発止めなど、数は調節できる上、途中で下段を混ぜることも可能。
ただし、どの技からモーションチェンジしたかによって出せる技の数などは変わってくるので、しっかり覚えておこう。

  • モーションチェンジ中、下(スイッチキック)
構え中の下段択。
この技から中段にも派生できるので、単発止めだけでなく派生も出していきたい。
構え中の技は画面端に相手を追いつめたときに使うとより効果的だ。

必殺技(コリア一号)使いどころあれこれ

  • 保険として使う
リング端を背負っているときに、大ジャンプ頂点気味で撃つか、小ジャンプで上撃ち(必→上)をする。
相手がつっこんでくればステージ上を円を描きながら戻ってくるので、攻めに来た相手に当たる。

  • ジャンプの崩しとして使う
立っている相手には小ジャンプ即出し上撃ちがヒットする。
ノーマル撃ちだと角度と速度の問題でなかなか崩しとしては成立しないが、こちらは密着なら即当たるので、とても強い。

  • リバサで使う
ミサイルが発射さえしてしまえば割と長く残るので、起き上がり時に必殺をおしてリバサでミサイルを打つのもあり。

  • 起き攻めで使う
ダウン中の相手に起き攻めとして使う。
ミサイル自身の持続、及び爆風の持続もあってとりあえずのその場起き上がりを狩りやすい。
相手の背後に当てるイメージで撃つと機能しやすいだろう。

  • 特殊構えから使う
使用者も相手も忘れられがちな、特殊構えからのミサイル。
特殊構え中はガードが出来ないが、インタラプトは取ることが出来る。
インタラプト仕込みとして効率よく使っていこう。

連係

地上コンボ

  • 上→一回転投げ
上単発が2F有利なので、繋がる。
ジャブの硬直中にレバーを回しておくといいだろう。
一回転投げは、相手が抜けてこないなら派生もしっかり出す。

  • 上(カウンター)→上、上
ジャブ単発がカウンターヒットしたらこちら。
細かいダメージだが、しっかり取っていけるととても大きい。

空中コンボ

  • 立ち上がり、上→上、上、上、上
安定コンボ、途中で受け身を飛られるが、二発目までなら読み合いに持ち込める。

  • 立ち上がり、上→上+下、上
とりあえず悩んだらコレ

  • 立ち上がり、上→G+上
どうしてもダウンが取りたいときにはこれ

  • 立ち上がり、上→上、上、上、J上
相手が画面端を背負っているなら、こちらに派生して強力に起き攻めして行こう。

  • しゃがみ上(空中ヒット)→上+下、上
高めで当たると、繋がるときがある(?)

対韓対策