陸戦型ジム(寒冷地仕様)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 物語開始の数週間前にxx高原に墜落したガンペリーの残骸から主人公達がサルベージした機体。
 元々は東南アジア戦線にて運用されていたもの。寒冷地仕様に改装したうえでxx基地へ輸送/配属されるはずの機体だった。
 近接戦闘に重きを置いてチューニングされている。


初期状態:

額部装甲破損、左脚部アンクルアーマー破損、左腕部動作不良。
基本装備は100mmマシンガン、小型シールド、ビームサーベル。
他にもミサイルランチャーやバズーカも見つかってはいるが、この機体では使用されていない。

rev.1 :

額部装甲をありあわせの部材で補修、あわせて通信補器とセンサーを追加。
アンクルアーマーは左右ともにロールバーへ交換。
左腕部はメンテナンスにより復旧。100mmマシンガンにサーマルジャケットを追加。

rev.2 :

xx中佐と共闘した際に譲られたジムストライカー用のスパイクシールドを左腕に装備。
パイロット(主人公)から機動性をあげたいとの申し出があったため、脚部のビームサーベルラックを撤去してスラスターを追加。適当な装甲材が無かったため、スラスター基部はむき出しとなっている。
ビームサーベルラックは腰部に移設された。
軽量化のため、フロントスカートはロールバーで構成したものに交換。その上から樹脂コーティングされた帆布を張り、ある程度の防弾性は持たせてある。


(以下未整理の情報)
 グフ用のヒートソードを装備。(rev.3以降)
 xx大尉のドムと戦闘した際に破壊された右肩の装甲は、ザクⅡ用のスパイクアーマーに変更された。(rev.3以降?採用するか未定)