Ubiquitous Mist


Ubiquitous Mist

未知数の力を持つ無害の上級悪魔
一定量の魔力を練り上げ、上空の雲を媒介として実体を持ち何処にでも出現する。
外形を模る雲の表面、及び内部には超高密度の魔力が流れており、触れたモノが有機物であるならば跡形もなく砕け散ってしまう。
しかしこれには莫大な量の雲とそれを維持する魔力が必要なため、現れてもすぐ消えてしまう。
人類に害を成した事例がない為、各国ではその存在を無害としている。


『何ということだ。まさかあの悪魔の出現をこの目で拝める日が来ようとは。
 雲を巻き込んでその恐ろしい顔形を形成してゆく。私の目の前にある古城が、山々が、無残にも崩れ去ってゆく。
 このままでは、直にここもああなってしまう。すぐに離れた方が良さそうだ。
 ・・・それにしても、一瞬奴と眼があった気がしたが、気のせいだろうか?』
―――探検家ゴッヘルザッホの手記より

添付ファイル