アーサー


アーサー・フォン・ユグドラシル

ユグドラシル第14代皇帝。
父親から英才教育を受けて育ち、その先帝の後を継いで若くして帝位に就いたものの、
すでに将軍イザベルと摂政マイスナーの二人が実権を握っていた王宮では、幼い彼は発言することすらできなかった。

その後、ほぼ軟禁状態に置かれていたところを、護衛を努めていたAランクの悪魔祓いによって救出され、
共にロクタス大聖堂へと避難することとなった。

関連項目


添付ファイル