魔人の襲撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


『魔人の襲撃』
開拓者達は当初、魔人達と共生する道を探した。
当時の魔人達指導者あっ獣牙王と何度も対話し、新入りとしての礼を尽くそうとしたのである。
この関係は最初手くいくかと掘こうして開拓者たちはシャングリラ各地の遺跡を網目のように結んでいく開拓街を形作っていき、
その際には現地くこの人的資源はシャングリラの開拓事業に欠かせぬ要素となったが、
各地に潜伏した魔人して降伏したわけでなかった。

魔人達は意図的に山の事故を細工したり、手薄な集落に襲撃を繰り返したのであった。
こうして魔人襲撃は拓者達にとって深刻な問題になり、
開拓時代の黒い歴史として後世批判されることとなった。

添付ファイル