腕押しと指押し


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




  • 腕押し ―手全体を振り下ろした勢いで鍵盤をを押すこと
  • 指押し ―手を上下させずに指の力で鍵盤を押すこと

 実際に使う場面は、大まかに

  • 腕押し ―8分で降ってくる譜面
  • 指押し ―16分で降ってくる譜面

 という対応があります。これは、腕を上下する速さには限界があるからです。詳しくはBPMと三打鍵区理論をご覧ください


腕押し 指押し
譜面 8分 16分
体力 あまり疲れない とても疲れる
判定 良い 悪い



 腕の力で押す腕押しと、指のみを動かして押す指押しの他にも、bpm212の8分の曲などに適した手首の曲げ伸ばしを使った押し方があります。腕押しとは違って肘の曲げ伸ばしを使わないのですが、肘の代わりに手首を軸にして手に勢いをつけるやり方です。これを 手首押し と名づけたいです。
 おそらく腕押しではbpm200の8分くらいの速さが限界になってしまいます。それ以上の速さを必要としたとき、手首押しという選択肢を考えるのがよいでしょう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。