トレジャーハンター ビルドガイド

一人でLv7までの宝発掘ができるコロスケマスター改です

解説

Pub67のトレハンポイントランダムにより発掘に多少のコツが必要になりました。
ポイントの特定にMiningスキルを入れると楽になります。
スキルの節約のため、宝の地図は解読さえしてしまえば掘り出す時に地図スキルは不要なので、宝の地図を纏めて一気に解読し、
その後ソウルストーンで地図と鍵スキルを入れ替えればスキルの節約が出来ます。
スキル構成はコロスケマスターとほぼ同じなのでわざわざトレハン専用のキャラを用意せずとも
地図鍵を上げておけば既存のコロスケマスターにソウルストーンを使って使い分ければ育成の手間が省けます。

育成について

Lockpickingは95以降のスキル上げが非常に面倒なスキルなので、ソウルストーン(フラグメント)
でGGSを利用するか、スキル上げの不調和上げもいいです。

トレハン箱の掘り方

トレハン沸きモンス処理概略
1 宝箱を掘り出し、最初のガーディアンはインビジでやり過ごす
2 距離を置き、コロスケを召喚して不調和をかける。安全に行うにはインビジ→不調和→インビジ(スキル待機時間消化)→不調和→コロスケを絶やさないように繰り返す。
3 コロスケを絶やさないように召喚して宝箱の中身を回収
4 回収中にモンスターが沸いたらコロスケにお任せしつつ不調和・魔法で支援

仕様

ステ振り

STR:125
DEX:10
INT:残り全部

スキル

Magery ~120 スキル構成が厳しい場合はインビジ100%成功91.4維持
Mysticism 120 コロスケの強さに関わるので120推奨
Focus 120 コロスケの強さに関わるので120推奨
Musicianship 120
Discordance 120
Cartography
Lockpicking
100 両方同時に必要になる場面はありません。片方はソウルストーンに保管
Mining 100 スキルに余裕があれば。

プロパティ

抵抗 物理・炎・エネ70
マナコスト軽減 40
秘薬コスト軽減 100
ファストキャスト 2
キャストリカバリ 5

装備例


種族

人間:積載量増加がうれしい、騎乗したままコロスケ召還不可。スキル最低保障でレイス化維持。
エルフ:マナ+20がなんかうれしい、騎乗したままコロスケ召還不可。夜目・エネ抵抗キャップ75・魔ダメ足着用可。
ガーゴイル:飛行(騎乗スピード)したままコロスケ召喚可能、機動性が高い。AF等の装備ができないのが痛い(一部変成して利用可能)

Tips

  • 沸いてくるモンスターを放置すると攻略が早いですが、近隣住民に迷惑をかけます。
  • 1年褒章でソウルストーンが3つ貰えるので、持っていない人はその日まで耐え忍ぼう。

コメント

名前:
コメント: