影MOD

  • 導入する事で影が表示されより美しい世界が楽しめます。
  • その分それなりのマシンスペックが要求され、CPUやグラボに負荷がかかるので注意が必要です。
  • 現在ではいろいろなシェーダーがあり、スペックに合ったものや自分好みのものを入れるとよい。
  • シェーダー一覧はJapanMinecraftWikiに載っているものを参照するとよい。 link
  • 基本的にシェーダーはバージョン表記が古くても使用可能


Optifineを使う場合(1.8.x~)


【必要なもの】

OptiFine
シェーダーファイル

【導入方法】

1.OptiFineを開き、minecraftのあるフォルダへインストール

2.Minecraft Lancherを開き、任意のプロファイルを開く
OptiFineインストール後は自動的にOptiFineのプロファイルが作られている

3.プロファイル内のUse versionをrelease 1.x.x-OptiFine_xx_x_xxに変更

4.ゲームを起動し、設定>ビデオ設定>Shadersを開く

5.Shaders Folderを開き、その中に任意のシェーダーファイルを置く

6.フォルダを閉じ任意のシェーダーファイルを選択して完了を押す

7.影MODを楽しむ


OptiFineとForgeを使う場合(1.8.x~)


【必要なもの】

OptiFine
MinecraftForge
シェーダー

1.MinecraftForgeを開き、Minecraftのあるフォルダへインストールする

2.Minecraft Lancherを開き、任意のプロファイルを開く

3.プロファイル内のUse versionを1.x.x-Forge xx.xxx.xxxxに変更

4.Minecraftを一度起動させ、終了させる
プロファイルの保存先(Game Directory)にmodsフォルダを生成させるためである

5.modsフォルダにOptiFine_1.xx.x_xx_x_xxをドラッグアンドドロップしていれる
OptiFineを起動させてインストールする必要性はない

6.再度Minecraftを起動させ、設定>ビデオ設定>Shadersを開く

7.Shaders Folderを開き、その中に任意のシェーダーファイルを置く

8.フォルダを閉じ任意のシェーダーファイルを選択して完了を押す

9.影MODを楽しむ

MagicLauncherを使う場合(1.4.7)


【必要なもの】


【導入方法】

※すでに入ってるMODと競合する場合があるので導入する前にMinecraft本体を初期化しておくことをお勧めします。

1.MagicLauncherを起動させ、右下にある[Setup]をクリック

2.Minecraft.jarのところに1.4.7のjarが選択されていることを確認
 選択されていなければ[Select]をクリックしてminecraft.jarを選択してください

3.[Add]をクリックしてダウンロードしたOptiFine、GLSL Shadersの順番で追加します(解凍しなくて大丈夫)
※注意※
必ずGLSL Shadersの上にOptiFineが来るようにしてください
 Statusのところがerrorsになっている場合はMODのバージョンがあってないか
 何かのMODと競合している可能性があります
 MODの順番を入れ替えてみたりMODのバージョンを確認しましょう

4.[OK]を押して[Login](画面が全体的に青色になってる思いますが影MODのせいなので気にしない)
 MODがちゃんと導入できてるか心配な方はSetupのTestで疑似的に起動できます

5.Minecraftの設定画面に[Shaders]という項目ができてるのでそれをクリック
 左下の[Open shaderpack folder]をクリックしたらフォルダが開かれるので
 SEUS v10 RC7 Ultraを解凍しないままフォルダの中にいれます
 Minecraftに戻るとShadersのところにSEUS v10 RC7 Ultraが追加されているので
 SEUS v10 RC7 Ultraを選択

6.影MODを楽しむ


直接MODを.jarにいれる場合(1.4.7)


【必要なもの】


【導入方法】

※注意※
MagicLauncherと同様にすでに入ってるMODと競合する場合があるので導入する前にMinecraft本体を初期化しておくことをお勧めします。

1.minecraft.jarを 7zip などの解凍ソフトで開きMETAフォルダを削除
 jarの場所 ▼
 windowsのスタートボタン→[プログラムとファイルの検索]のところに%appdata%と入力
 →Roaming→.minecraft→bin

2.OptiFine、GLSL Shadersの2つを解凍し、その中身をjarの中にいれる

3.Minecraftを起動して動作確認(MagicLauncherと同様で画面が全体的に青いですが気にしなくて大丈夫)

4.MagicLauncherの導入法の5と同じ

6.影MODを楽しむ


【豆知識】

SEUS v10 RC7 Ultraの中のShaderフォルダの中身のcomposite.fshを編集することによって影MODの各種設定ができます。変にいじると影MODが動作しなくなるので気をつけて編集しましょう。

Twitter